ジャスティン・ビーバー、世界ツアーキャンセルの裏には衝撃の理由が!?

ジャスティン・ビーバー、突然のワールドツアーキャンセルを発表!

2010年にデビュー以来、瞬く間に大ヒットし、世界中で大人気となった23歳のカナダ出身のアーティスト、ジャスティン・ビーバー!

現在は、2016年3月からスタートした、「JUSTIN BIEBER Purpose Tour 2017」という全世界規模のワールドツアーの真っ最中!

もうすでに世界150公演以上を終え、残りの公演は14公演となっていたジャスティン・ビーバー。

そんな中、突然発表された、残りのワールドツアー公演をすべてキャンセルするというニュースに、世界中からショックと落胆の声が集まっています。

ここ日本でも、9月23日、24日に東京・味の素スタジアムでのジャパンツアーが決まっていました。このジャパンツアーもキャンセルになってしまいました。

ジャスティン・ビーバー、ワールドツアー キャンセルの理由は?

今回、突然発表されたワールドツアーのキャンセルというニュースですが、正式な理由は発表されていません。

今までのジャスティンの発言などから、長期にわたるツアーに、「もう嫌気がさした!」とか、「もっと自由な時間が欲しい」などといった理由が取りだたされていますが、本当の理由は何なのでしょうか?

中国当局から、公演不許可!?理由はジャスティンが日本で行ったある行動!?

実は7月18日に、これから公演予定だった中国から、品行不良を理由に、ジャスティン・ビーバーの中国での公演に不許可という決断が下っていたんですね。

これに対して、ジャスティンは正式なコメントは出していませんが、中国にも多くいる彼のファンもショックを受けているようです。

さらに、この中国公演が不許可になった理由が、ジャスティンが以前、日本で行ったある行動が原因であるという噂も上がっています。

その行動とは?

2014年に来日した際に、ジャスティンが行った、靖国神社参拝!

ただし、この中国公演の不許可という決定だけが、今回のワールドツアーキャンセルに繋がったとは思えません。

一体何が理由なんでしょうか?

ジャスティン・ビーバーはもうツアーをしない!という決断をした!?

以前から、長期に渡る世界規模のツアーに、若干嫌気がさしていたというコメントもあったジャスティンです。

今回の決断で、海外のメディアからは、「ジャスティンは、もう今後、世界規模のツアーはやらないんじゃないか?」といった声も聞こえてきています。

また今回、ジャスティンに近いツアー関係者の発言として、he is “just over it.”」というコメントが発表されています。

これは一体どういう意味なんでしょうか?

もう日本でジャスティン・ビーバーのライブは観れないのか?

今回、突然のワールドツアーキャンセルによって、9月の日本公演も観れなくなってしまいましたが、今後ジャスティン・ビーバーを日本で観ることは出来るのでしょうか?

海外メディアの報道を見ていると、ジャスティンはデビュー以来、ずっと世界的スターとして活躍し続けてきたので、正直疲れきっているようです。

世界的な成功も手にし、正直お金の心配もいらないので、しばらく長期間の活動休止なども視野に入れている可能性はあると思います。

まあジャスティンも23歳の青年です。自由な時間も欲しいでしょうし、遊びたい年頃ですからね。理解は出来ます。

ただし、ジャスティンってすごくファンを大切にしているアーティストなので、今の疲れた精神状態から解放されたら、またすぐにファンのもとに帰って来てくれるんじゃないかと思います。

今回のワールドツアーキャンセルは、日本のファンもショックだったと思いますが、また近い将来、元気なジャスティンの姿を日本で観れることを信じて、応援のエールを送りたいと思います。

 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク